理系ゴコロ探検隊 その3 〜生産現場で活躍する女性技術者〜

同じく8月23日,呉高専のスタッフは,マツダ株式会社で技術者として働いておられる空久保奈未さんにインタビューしてきました.呉工業高等専門学校5年の安田祥子が報告します!

まずは空久保さんについて紹介します!
呉高専機械工学科卒業後,マツダ株式会社に入社.現在は「生産準備」という仕事をされています.

空久保さんのお仕事って?
空久保さんのされている「生産準備」とは,工場での作業の動きをコンピュータで確認し,生産方式を考える仕事です.狙いの品質・コスト・納期を満足する生産ラインを設計し,革新的な技術・システムを導入した生産ラインにするために人の動き,ロボットの動き,部品の組み付け順番,工場のレイアウトという工程を設計しています.そして,この設計した工程(実際の工場での作業の動き)をコンピュータ上で確認し,スムーズに生産できるようにするという,工場で車がつくられる前にどのような順番で組み立てていくかを考えるお仕事です.そして,より良い商品を,安定してより早く,より安くつくるにはどうするか,を考えます.

スタッフ「なぜ呉高専の機械工学科へ進学しようと思ったのですか?」

空久保さん「中学生のときからF1が好きで,たぶん珍しいと思うんですけど,私も当時は恥ずかしくて隠していました.F1の車が好きというよりはそのレースをみるのが好きだったんです.それでできれば車の会社に入りたいなと思って機械工学科を選択しました.呉高専を選んだのは,機械科のある学校で家から通えるのが県立の工業高校か高専しかなくて,高専は国立なのでいいかなと思って選びました.」

スタッフ「数学は得意でしたか?」

空久保さん「ほかと比べると数学のほうが得意だったとは思います.でも,本を読むのが好きだったので古典も得意だったし,高専でも国語のほうが点数はよかったこともあります.」

スタッフ「高専時代に力を入れていたことはなんですか?」

空久保さん「陸上部でマネージャーだったんですけど,合宿とか練習とかがあったので毎日外に出て日焼けしてやっていました.そのときは勉強より陸上部をがんばっていました.」

スタッフ「技術職で女性技術者の先輩はいますか?」

空久保さん「今働いている部署にいます.ただ,私の部署では技術職で結婚出産を経験された方がまだいないので不安なところもあるんですけど,そこは前例を作っていきたいなと思っています.休日出勤も残業もあるので今のままの勤務体系だと私の場合は出産や育児は難しいと思うのでそういう場合は出産や育児をしている間,部署を変わるという方法もあるのでそれもいいかなと思っています. 今は一人で身が軽いときなので技術を身につけたいと思って働いています.」

スタッフ「今,職場には何人くらい女性がいますか?」

空久保さん「すごく少ないですね.1フロア100人ぐらい居て,その中に5人くらいですね.技術職で限定すると3人しかいないです.」

スタッフ「海外で働いている女性はいますか?」

空久保さん「もちろんいます.自分から行きたいと言って行く人もいるんですが,転勤も性別は関係ないので海外で人材が必要な場合に選ばれたときは行かないといけません.私は半年前にタイに行ってもらえないかと上司に打診されていました.今回はほかの人が行くことになりました. 中国に何度か行っている同期の女性も日本とは勝手が違うから大変だけどやりがいもあると言っていました.英語ができることよりも海外の方とうまくコミュニケーションを取れるかというのが大事なようです.」

スタッフ「この会社に入って一番よかったことはなんですか?」

空久保さん「自分がつくった車が一般道を走っているのを見られることです.本当に感慨深いです.会社に入ってすぐつくったのが,「CX-9」っていう海外の車だったんです.だから,自分のつくった車が走っているのを見る機会がなかったんですけど,その次に関わったのがデミオでそれが一般道で走っているのを見ると自分の子どものようで愛しい気持ちになりますね.」

スタッフ「仕事のなかで大変だと感じるときはありますか?」

空久保さん「ひとつの工場で最大4車種をつくることができるんですけど,工程設計は難しいですね.4車種それぞれの部品や工程が干渉してくるので奥の深い仕事だと思います.忙しいですが,工程がうまくいったときはとても嬉しいですね.」

スタッフ「今の中学生に伝えたいことはありますか?」

空久保さん「私はそんなにまじめに学生をしてなかったのであんまり偉そうなことは言えないんですけど,理系文系関係なく,高校生や学生の間にどれだけ楽しめるかというのが大事だと思います.学生の間は学生にしかできないことがあると思うので,それがクラブ活動だったり,バイトだったり,友達と遊ぶことだったり,そういうのが大事だと思います.会社に入ってからは働くことがもちろん大切です.遊ぶこともできないわけじゃないですけど,学生の頃のようにクラブ活動やアルバイトはできないし,クラスの友達と遊ぶこともなかなかできなくなるので,今しかできないことを今やっておいたほうがいいと思います.」

▲このページのトップへ