サイエンスへの招待

インタビュー編!その3
女の子が理系に進むことについて

スタッフ
「自分が理系だなぁと思うところはありますか?」

山岸さん
「理詰めで考えるところがそう思います.あんまり意識はしたことないですが, 主人は工学系ではなく自然科学系の理系なので,その間のギャップを感じることはあ りますね.」

スタッフ
「理系に進んで一番大変だったことはありますか?」

山岸さん
「理系だから困ったことだとかは少ないと思います.学生時代はキャンパスに女子トイレが少なかったことぐらいでしょうか.逆に得したことがあるとすると,理系は女の子が少ないので,こんな私でも少しはモテてたかもしれません(笑).それと,当時は理系の方が就職活動は楽だったように思います.」

スタッフ
「理系に進んでよかったと思うことはありますか?」

山岸さん
「文系の世界のことはよくわりませんが,理系は結果が目に見える世界だと思いますね.実力が素直に評価されやすいですし,もちろん女性だからといってマイナス評価になることはありません.」

スタッフ
「理系女子が少ないのは,どう思われますか?」

山岸さん
「理系だから仕事が大変だというわけでもないし,素直に実力で判断される世界なので,女性でも活躍できる場所がいっぱいあります.どんどん理系に進んで ほしいです.情報ソフト系にはもっと女の子がいてもいいと思いますね.女子だから理系の科目が苦手ってことは,ないと思います」

←前のページへ戻る

▲このページのトップへ